本来の自分をととのえる

 
本来の自分をととのえ、信じきれると~ 愛、自由、お金・・・・
全てが適温でバランスよく循環し、うまくいかざるを得なくなる。  

*自分の本体(本当の自分、魂、存在)のことを、ここではピュアンと名付けました。
 詳しくは上部グリーン欄の「はじめに」をご覧ください。
スマホではMENUをクリックすると出てきます。>
 

あなたの行動は脳の3層構造に支配されている

ブログ購読のご案内

いつもご覧いただきありがとうございます。

人間根本問題研究所の岩永憲秀です。


 
ブログ更新時にメールで受信できる
大変便利な方法がブログ購読です。
 
本文最後にご案内していますのでご覧ください。

 

*読者登録され、メールでお読みの方は上記青色の

タイトルをクリックするとブログ全体が見れます。

 

あなたの行動は脳の3層構造に支配されている

 

脳は3層構造になっているということは

お聞きになったことがあるかもしれません。

 

すべての行動がほぼここで支配されているということです。

 

三位一体脳とも言われます。

 

人間脳(大脳新皮質)   思考を司る

哺乳類脳(大脳辺縁系)  感情 〃

爬虫類脳(脳幹)     本能 〃

 

 

この脳の仕組みがわかると

なるほどそうなっているんだ!

 

と自分の行動なりが理解できると思います。

 

 

行動のほとんどは潜在意識に支配されていると

いつもお伝えしていますが、今回はその意味を

さらに深く落とし込めるものになります。

 

 

人間脳を顕在意識

哺乳類脳と爬虫類脳を潜在意識とみることができます。

 

 

爬虫類脳が一番古く、生命維持機能を持っています。

つまり生きることしか考えてないということですね。

 

心臓を動かしたり、体温を一定に保ったり、生きていくのに必要な働きを

になっている脳ですから一番重要な役割を果たしています。

 

安全でありたい、安心していたいという特徴もあります。

 

後で述べますが、あなたの行動はうまくコントロールしないと

ほとんどはこの爬虫類脳に従うことになります。

 

 

哺乳類脳はどういう脳かと言いますと

喜怒哀楽の感情や快、不快、幸せな気持ちを感じることが

できるのはこの哺乳類脳のおかげと言えます。

 

 

人間脳はと言いますと

理性、思考、言葉などの働きで、本能や感情を

コントロールできるのはこの人間脳があるからです。

 

 

ただこの3つの脳は別々に機能しているのではなく

それぞれが相互に機能しあっているからこそ

 

人としての

行動ができるということになります。

 

上手いことバランスがとれているということです。

 

だから三位一体脳と言われるのですね。

 

 

 

 

 

ただ力関係としては

 

圧倒的に爬虫類脳と哺乳類脳が強いのです。

 

人間としての尊厳などと言いますが、脳の働きからしたら

人間脳のウエイトはごくわずかだと言えます。

 

 

いくら人間脳がこうしたいとしても

爬虫類脳が嫌だと言えばすぐに元に戻ってしまいます。

 

 

人がなかなか変われないのはそういう仕組みに

なっているからなんです。

 

 

ではそのへんを爬虫類脳の持つ驚異的な6つの力

という非常にわかりやすい捉え方があったので

 

ここでシェアさせていただきます。

 

 

 

潜在意識(爬虫類脳)の驚異的な力

 

1、ファイトorフライト

 (戦うか逃げるか)

 

 

爬虫類脳は非常に単純で生きるか死ぬかがすべてで

それ以外の選択肢はないと言えます。

 

嫌な思いとか恥ずかしいとか、傷つくとかフラれるとか、

痛みと感じるものは当然として

 

面倒くさいとかやりたくないとかがあるとやめとけと

逃げるようにしてしまうのです。

 

あなたも思い当たることがありませんか?

 

それらのマイナス的なことは爬虫類脳は死と考え

 

死を避けようとしてさっさと逃げてしまうのです。

 

根性で頑張ってみてもほとんどの人は反射的に

逃げを選択するということです。

 

 

2、反射的

 (爬虫類脳は反射脳ともいわれる)

 

反射脳だから時間の概念がありません。

 

今ここしかなく、

人間脳でゆっくり考えていたら死んでしまうので

反射的に行動してしまうということです。

 

失敗をしたときにとっさに嘘をついたり

誤魔化して逃げようとするのも仕方のないこと。

 

逆に、とっさに怒ったり攻撃するのも

戦うか逃げるかを反射的にするのもこのため。

 

 

先のことは一切考えていない。

先のことなんかどうでもいいんです。

 

今ここでの身を守ることに一生懸命で

それ以外のことなんか考えられないのです。

 

 

儲けたい、でも失敗したくない

付き合いたい、でもフラれたくないなど

 

恐怖が先に来るので反射的に逃げてしまい

行動できなくなる。

 

ほとんどは、

どちらかというと望まない方向に動いてしまうのは

恐怖から逃げたということからきているということです。

 

 

3、縄張り意識 

 

敵か味方かを常に意識している

しかも敵が大きいと味方も大きくする

 

たとえば学校で

クラス内で敵味方であってもクラス対抗になると

クラス内は仲間になり

 

学校対抗になると他校が敵となり学校内は味方になる。

 

県対抗になると県内は味方になり他県が敵になる。

 

というように敵味方の線引きはいつでも変わる。

 

職場の人間関係、仲間意識とか縄張り意識は

日常的に見る光景ですね

 

これは自分の身を安全に守るために仲間、縄張りを

つくるという爬虫類脳の生存本能からきているのです。

 

 

4、順位付け 

 

相手より上か下か、強いか弱いかを瞬時に判断する。

 

勝ちたい、負けたくないというのも本能的にあるということです。

 

なぜなら

負けるということは死を意味することであり、

それだけは避けたいので負けるのであれば

 

支配され守ってもらう道を選ぶ。

 

つまり支配と服従の関係を作ってしまう

ということも本能だと言えます。

 

ただ。支配する方が傲慢になり、自尊心が強すぎると

無茶な要求や命令をしたり、いじめたりして

 

その立場を守ろうとするが

 

それは自分の自信のなさの投影であり、

良くない方向へ行ってしまう。

 

 

逆に支配される方があまりに依存心が強くなると

自分の意見が言えなくなったり、

 

言いなりになったりして、何でも言うことを

聞くようになると状況はどんどん悪くなってしまう。

 

 

ビジネスはWIN-WINの関係で成り立つのに

勝ちタイが強すぎると

成功を遠ざけることになってしまいます。

 

ではどうしたらいいかということですが、

勝ち負けにこだわらず、自分の弱さを受け入れ

 

相手を認めるだけでもずいぶん状況は変わってきます。

 

それができるようで出来ないんだと言われそうな

声が聞こえてきそうですが

 

なかなか簡単にいかないのも事実ですね。

 

そうできないのはなぜかということを

少し長くなったので次回にお伝えします。

 

 

感想や質問とかありましたら

Line@からお受けしていますので

お気軽に連絡ください。

 

ワンポイントLine@セッション 無料プレゼントのご案内

下記、

「ブログをメールで購読」からメールアドレスを登録され、

QRコードよりLine@にご登録ください。

ご希望の方には

ワンポイントLine@セッション
を無料でプレゼントいたします。
 
「無料ワンポイントセッション希望」と書いてご返信ください。

お名前とお住いの県名も同時にお書きください。
 
毎日一名様に限らせていただきます。
 
お受けできない場合もありますのでご了承ください。
 
ワンポイントセッションとは 
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

カテゴリ:自由Life 

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール

人間根本問題研究所 顧問
一級建築士  岩永憲秀

野望を持ち一度は建築業で成功したものの、幾多の試練が重なり、絶望のどん底を味わう。

その後再起を図るが頑張れば頑張るほどうまくいかない努力逆転の法則にはまってしまう。

そんな中、「頑張らない生き方」を知り、今の妻に出会い共に実践するも、もう一つ乗り越えられないもどかしさを感じていた。

そんな時、それに明確な道すじを示してくれるものに出会い新たなコンサルにステージUP。

その結果、クライアントさんから「何か魔法を使いました?」と言われるようなコンサルタントとして活動中!

詳しいプロフィ―ル

Line@登録特典はこちら

上記QRコードにてLine@にご登録ください。
ご希望の方には

ワンポイントLine@セッション
を無料でプレゼントいたします。

「無料ワンポイントセッション希望」と書いてご返信ください。

最近の投稿
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

固定ページ

ページの先頭へ