本来の自分をととのえる

 
本来の自分をととのえ、信じきれると~ 愛、自由、お金・・・・
全てが適温でバランスよく循環し、うまくいかざるを得なくなる。  

*自分の本体(本当の自分、魂、存在)のことを、ここではピュアンと名付けました。
 詳しくは上部グリーン欄の「はじめに」をご覧ください。
スマホではMENUをクリックすると出てきます。>
 

対人関係の大転換

ブログ購読のご案内

いつもご覧いただきありがとうございます。

人間根本問題研究所の岩永憲秀です。


 
ブログ更新時にメールで受信できる
大変便利な方法がブログ購読です。
 
本文最後にご案内していますのでご覧ください。

 

 

*読者登録され、メールでお読みの方は上記青色の

タイトルをクリックするとブログ全体が見れます。

 

対人関係の大転換

 

 

あなたは褒められたら嬉しいですか?

 

そりゃ、嬉しいに決まってますよ。

 

そうですよね

 

褒められて怒る人はいませんよね。

 

 

しかし、

以下のことを知ったら考えが変わるかもしれません。

 

 

「褒めることは人に対する評価である」

 

しかも能力のある人が能力のない人に対して。

 

子供が手伝ってくれた時に

えらいね、よくできたねと褒めますが

 

妻が夫に対して

えらいね、よくできたねとは言わないでしょう。

 

 

よくできましたという言葉には

上から見下すようなニュアンスがありませんか。

 

「えらい」とか「よくできた」とか「すごいじゃない」

と褒めるときは無意識のうちに

 

上下関係をつくり相手を自分より

低く見ていることになります。

 

そこには自分より能力の劣る相手を

操作する目的があります。

 

そして叱ることも同様

背後にある目的は操作です。

 

なんでそんなことをしたんだ

こういう風にしなさいと叱る。

 

自分の思い通りに動かそうとする。

 

叱ることは操作だとわかりやすいですね。

 

 

人をうまく使うには

アメとムチを使い分けることが大事と言われますが

 

これも上下関係すなわち

 

「縦の関係」による人を見下した操作

 

 

ということになります。

 

 

対人関係を縦の関係でとらえていることの裏に隠されたものは

何かというと

 

優越感を求めたその真逆の劣等感にほかなりません。

 

相手を見下し優位に立とうとすることは

優越感を求めていること

 

つまり、それは劣等感がなせる業なんです。

劣等感があるから優位に立とうとすることになります。

 

 

本当は優越感も劣等感も必要ないんですが

むやみに褒めたり叱ったりすることは

自分の劣等感を表に出しているようなものです。

 

これは賞罰教育の弊害です。

 

あなたはこれに対してどのように思われますか?

 

 

誰かに褒められたい

あるいは誰かを褒めようとすること

 

対人関係を縦の関係でとらえている以上

そうなってきます。

 

本来、人間関係に上も下もありません。

 

もちろん上司、部下の関係はあるでしょうが

それは上下関係ではなく役割としてあるだけです。

 

ですから上司が偉いわけでもなく

部下が下でもないのです。

 

上下とみるから

上司の悪口や部下への不満が出てくるのです。

 

 

ではどう見たらいいのか?

 

縦の関係でなく「横の関係」

いわゆる対等ということです。

 

 

もちろん役割や持ち場が違うので

同じではありません。

 

「同じではないけど対等」「横の関係」

 

を築けることができると

 

人間関係が一挙に変わってきます。

 

あなたのライフスタイルも大転換するでしょう。

 

 

なぜならほとんどの人が賞罰教育の成果で

縦の関係でしか対人関係を見れてないからです。

 

 

では、そのためにどうするのかということは

次回のお楽しみということで

 

今回はここで終わります。

 

次回またお会いしましょう。

 

 

 

感想や質問とかありましたら

Line@からお受けしています。

 

お気軽にご連絡ください。

 

ワンポイントLine@セッション 無料プレゼントのご案内

下記、

「ブログをメールで購読」からメールアドレスを登録され、

QRコードよりLine@にご登録ください。

ご希望の方には

ワンポイントLine@セッション
を無料でプレゼントいたします。
 
「無料ワンポイントセッション希望」と書いてご返信ください。

お名前とお住いの県名も同時にお書きください。
 
毎日一名様に限らせていただきます。
 
お受けできない場合もありますのでご了承ください。
 
ワンポイントセッションとは 
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

カテゴリ:自由Life 

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール

人間根本問題研究所 顧問
一級建築士  岩永憲秀

野望を持ち一度は建築業で成功したものの、幾多の試練が重なり、絶望のどん底を味わう。

その後再起を図るが頑張れば頑張るほどうまくいかない努力逆転の法則にはまってしまう。

そんな中、「頑張らない生き方」を知り、今の妻に出会い共に実践するも、もう一つ乗り越えられないもどかしさを感じていた。

そんな時、それに明確な道すじを示してくれるものに出会い新たなコンサルにステージUP。

その結果、クライアントさんから「何か魔法を使いました?」と言われるようなコンサルタントとして活動中!

詳しいプロフィ―ル

Line@登録特典はこちら

上記QRコードにてLine@にご登録ください。
ご希望の方には

ワンポイントLine@セッション
を無料でプレゼントいたします。

「無料ワンポイントセッション希望」と書いてご返信ください。

最近の投稿
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

固定ページ

ページの先頭へ